1. ホーム
  2. 業務案内
サービス
業務案内
ALSOKリース株式会社はを活かし、
お客様ニーズに最適なファイナンスソリューションを提案します。
1.リース
 リースとは、お客様が必要とする機械設備等をお客様に代わってリース会社が購入し、比較的長期にわたりお客様にその物件を賃貸する取引です。その対象は電子機器から車両などの輸送機器まで広範囲にわたります。
リースとは

ファイナンスリース

 リース期間が終了するまで「解約不能」であり、物件を取得する際の費用及びそれに付随する費用を全額リース期間内にお支払頂く(フルペイアウトする)ことで成立するものです。

オペレーティングリース

 「解約不能かつフルペイアウト」に該当しないものをオペレーティングリースといいます。オペレーティングリースはリース期間終了後の残存価格を設定したり、中途解約可能である等、賃貸借色が強い取引です。従来日本ではリースというと主にファイナンスリースを指していましたが、2008年の新リース会計基準適用によって、ファイナンスリースのオフバランス処理が原則禁止されたことから、オフバランス処理が可能となるオペレーティングリースの利用が増加しています。

2.割賦
 リースの対象とならない(お客様が希望される契約期間や耐用年数が合わない)動産等を含め、契約期間に合わせて分割払いする取引であり、契約終了後に物件はお客様の資産となる取引です。
3.取扱実績
 当社では、防犯カメラ・出入管理装置・金庫・警備ロボット等の警備機器、自動火災報知器・非常放送設備等の防災設備、LED照明・空調設備等の省エネ設備、AED等の医療機器、OA機器、各種車両等の豊富な取扱実績があります。